2018年の占いと新年のご挨拶

2018.01.01 Monday 00:00
0

     

    新年あけましておめでとうございます。
    謹んで初春のお慶びを申し上げます。

     

    旧年中は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
    本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

     

    当ブログでは毎年の年頭に、その年の日本を占うコラムを書いております。
    本年もさっそく見ていきましょう。

     


     

    今年2018年は、戊戌(つちのえ・いぬ)の年。干支から解釈すれば、大きな変化の年といえます。
    しかし、大きすぎる変化は、大陸の動きのように、あまり感じ取ることが出来ないものです。
    ましてや個人では、「いつの間にか変化していた」という感じかもしれません。


    たとえば前回の戊戌の年である1958年には、今上天皇のご婚約が発表され、美智子様が初の平民出身の后となられました。また1958年は国際原子時の起点の年ともなり、アメリカ初の人工衛星の打ち上げもありました。しかし、このような出来事は、あまり個人には縁がなかったりするものなのです。


    これは、戊戌の変化が、いわばグランドデザインの変更、価値観の変化であるからなのです。1598年の戊戌の年には日本では豊臣秀吉が死去したり、ヨーロッパではナントの勅令により信教の自由が保証されました。


    しかし、もっと目に見える形での方向転換が起きるのも事実。特に商業や文化が変化する節目の年にもなります。
    たとえば前回の1958年には、東京タワーが開業し、日本では広告も娯楽もテレビ時代に移行しました(それまではチャンネルを変えるごとにアンテナの向きを変える必要があったそうです)。それによってスポーツやファッションの流行も代わりました。


    変化が起これば、それに対応できるものと出来ないものの明暗が分けられることとなります。
    しかし心配には及びません。今回の変化は多くの人にとって、ポジティブなものになるのではないかと思います。そしてそれは世界人類の進歩として現れるはずです。


    今回は、たとえばAIの大きな普及などが起こるのかもしれません。エネルギーの変化(石油時代の終焉)やメディアの変化(2018年10月31日に日本の「全放送局免許失効」)かもしれません。あるいは、貨幣経済の終焉(仮想通貨/電子マネーの時代)の元年になるのかもしれません。何が起こるかははっきりせずとも、薄々気づいていたことがハッキリとした流れとなるはずです。それは、古いものが衰えて、新しい常識が生まれる流れなのです。平成も今年が最後の年となりますが、それも偶然ではないでしょう。


    一方で安全保障の面、つまり戦争の危機については、今年と言わずとも、その可能性が高まっていることは確かでしょう。なぜなら、価値観の変化とはつまり、政治経済のパラダイムシフトでもあるからです。ということはつまり、世界の勢力地図が変わる可能性すらあるからです。

     

    新旧の転換に際して、ビジネスには非常に有利になる年でもあります。どこに人が集まるのか、何が必要なのかがハッキリし始めるからです。それをビジネスに繋げることができれば、今後数十年の繁栄につなげることすら可能でしょう。時代の流れを一歩引いて見極めていけるようにしたいものです。


    個人としては、あえて時代の変化に流されるのも良いですが、自分を見失ってはいけません。右往左往したり立ち往生しないためにも、自分を愛し、自信を持つことが最も大事となるでしょう。

     

    それでは次に、生年別の運勢を簡潔に見て行きましょう。

    category:開運術 | by:開運の達人comments(0) | -

    五穀断ちに意味はあるのか2

    2017.08.18 Friday 23:29
    0

       

      五穀断ちの五穀が何かは諸説あるらしいですが、米・麦・アワ・ヒエ・大豆などのことを指すようです。私もこれらは今は全く食べません(大豆加工品を除いて)ので一応は同じです。

       

      ただ、私の場合、とくに修行の成果のようなもの、たとえば何かの徳が備わったり霊験が現れるというような期待はしていませんし、実際そんなものは無いといえます。
      おそらくですが、霊験があったという人は、もともとがかなり欲深いとか、悪の道に行っていたような人なのかもしれません。
      そうでない限りは、大きな変化は起きないのではないでしょうか。

      ただ、大なり小なり、欲が減ったり、怒りが減ったりすることはあるらしいです。


      ちなみに私は糖尿病の治療をしているわけではありません。個人の意志でやっているだけです。そのため、どこかの流派の正統な修行法に則ってるわけでもありません。そのせいであまり効果がないのかもしれません。


      そもそも前提条件として、苦行すれば徳が得られるというのがおかしいと思っています。
      まるで何かのテストに合格するように霊的にステージアップできると考えていたら、それはおかしな話です。そういうものは非常に自分勝手で、人に優劣をつけるような思想になりかねないと思うのです。ですから、五穀断ちは霊的というよりは、心と体の健康法だ、くらいに捉えたら良いかもしれません。


      ただ、これをはじめて以来、グルメの類には全く興味がなくなりました。

      「あれが食べたいこれが食べたい」という気持ち自体がなくなって、自由になれたような気もします。

       

      たまにTVをつけて、グルメ番組をやっているのを見ると「まだこんなことやっているのか」と呆れることもあります。「あんなものに心を奪われているなんて、なんか窮屈そうだなぁ」とさえ思います。もちろん、これも自分勝手な思想かもしれませんね。

       

      ただ、自分では客観性が身についたような、観点の幅が広がったような気もします。

       

      JUGEMテーマ:宗教

       

       

      category:開運術 | by:開運の達人 | - | -

      五穀断ちに意味はあるのか

      2017.08.13 Sunday 23:00
      0

         

        筆者は普段、お米や小麦、砂糖を含むものを食べない生活をしていますが、江戸時代の占い師、水野南北も若かりし頃、似たようなことをしていたと言う話を聞いたことがあります。


        水野南北は麦と大豆は食べていたという話なので、私よりかは幾分ゆるい規則ではあります。
        彼は顔相占い師として有名になった後、さらに食事法を極めたと言う話です(手元に詳しい資料などがありませんのでうろ覚えですが)。


        彼の本は現代語訳もあるはずですが、恥ずかしながら私は読んだことがありません。その影響は大きく、おそらく、後のマクロビオティックなどにも影響を与えたのではないかと推測できます。


        時代をさかのぼれば、古代中国にはすでに”五穀断ち”という行がありました。これが日本に入って仏教や修験道などに取り入れられたのだと思われます。水野南北も間接的に影響を受けたのでしょう。


        調べてみると、現代でも仏教や神道で五穀断ち(穀断ち)をしている人もいるようですが、果物や蕎麦や大豆は食べているようです。

        私の場合は果物も蕎麦も食べないので違いますが、彼らの多くは、霊的な力を増す効果があるといいます。

        私自身は、実はそれほど霊的な効果は感じません。

        詳しく書くとまた長くなりますので次回に書こうと思います。

         

        JUGEMテーマ:宗教

        category:開運術 | by:開運の達人 | - | -

        2017年の運勢と新年のご挨拶

        2017.01.01 Sunday 00:00
        0

          新年あけましておめでとうございます。
          謹んで新年のご挨拶を申しあげます。

           

          旧年中はご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
          本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

           

          当ブログでは毎年の年頭に、その年の日本を占うコラムを書いております。
          それでは本年もさっそく見ていきましょう。

          category:開運術 | by:開運の達人comments(0) | -

          2016年の運勢

          2016.01.01 Friday 00:00
          0
            2016年、新年あけましておめでとうございます。
            謹んで新年のお祝辞を申し上げます。

            旧年中はご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
            本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

            今年も当サイト恒例の、年頭の占いを書かせていただきたいと思います。

            今年2016年は、九星的に見れば、安定の中にも迷いがある、そんな年になるといえます。
            自分の意志とは違うことをせねばならないが、それがあまり苦ではないとか、仕事でとりあえずの成果があってもまだ先がわからないといったこともあるでしょう。
            だからといって、地味でつまらない年になるわけではありません。
            今年はまず世界的に、不動産や領土、生産力の需要が高まります。これが意味するところは、今年が地盤固めの年であるということ。動くよりも足元を踏み固める時。世界の紛争や経済にもそのような雰囲気が反映されるかもしれません。
            今年うまく立ち回れる人は、昨年までにひたすら努力をしていたり、忍耐を強いられていた人だけです。それ以外の人にとっては、何事もすんなりと行かず、派手さにも欠け、モヤモヤとした雲がかかったような状態で迷いながら、どこに行ったら良いのかもわからず進むことになりかねません。

            一方、干支で見れば今年は丙申(ひのえさる)の年。こちらではもっと明るさが感じられます。
            そこで、過去の丙申の年に起こった出来事から今年を推測してみたいと思います。
            続きを読む >>
            category:開運術 | by:開運の達人comments(0) | -

            Calender
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << July 2018 >>
            開運護符Tシャツ
             
            着てみて!霊符Tシャツ
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM