青い目と茶色い目の実験

2017.08.21 Monday 23:09
0

     

    かつてアメリカの小学校で、ある実験が行われた。
    青い目の生徒と茶色い目の生徒に分け、「青い目の人は優ているが、茶色い目の人は劣っている」と架空のルールを決めて過ごさせたのだ。

     

    するとすぐに子どもたちの間で差別意識が露わになったという。仲の良かった子供も喧嘩を始め、終わったあとには「むごい」実験だとも批判されたという。

     

    劣っているとされた子供たちは卑屈な性格になり、簡単な質問にも答えられなくなった。優れていると言われた方はのびのびとして、テストの点数も上がったという。

     

    このジェーン・エリオットの実験はテレビや本にもなって非常に有名だと言う。人種差別の本質について明らかにし、それがいかに馬鹿げているかについて明らかにすることができたといえるかもしれない。


    しかし私が注目したいのは、そこではない。それは、「優れている」と言われていた時に、実際にその生徒たちのテストの点数が上がったということだ。


    人間は、自分を「こういうものだ」と信じたら、多かれ少なかれその通りになるのだ。
    これは今まで多くの自己啓発書や宗教書にかかれてきたことと同じだが、上記の実験によって裏付けができたといえる。

    小学生とは言え、客観的な形でそれがわかるのは貴重であり、それ自体が、私達のこれからの願望実現に有益だといえる。


    もちろん、ここでは教師による裏付けがあったから、さらに効果も高かったのだろう。何も裏付けがなく、単なる自分への「優れている」という言い聞かせだけだったら、それほど効き目はないかもしれない。


    だが少なくとも自己認識で自分が変わるのならば、いま現在の自分はどちらだろうか?

    それを自問する意味はあるだろう。

    はたして、「優れている」と思っているのか「劣っている」と思っているのか。

     

     

    category:成功術 | by:開運の達人 | - | -

    夢は紙に書くと実現するのか?

    2016.08.08 Monday 23:32
    0

      夢は紙に書くと実現するというのは、自己啓発やスピリチュアル系の本によく登場する話なので、ご存知の方も多いかと思います。


      どこで最初に言われたのか私には定かではありませんが、ある大学の調査が元になっていると言われていたり、そのものズバリのタイトルの本が有名になっていたりと、今となってはすでに定番化したメソッドのようです。


      この説の出処や、吹聴している人たちについての雑感などを書きはじめると、無駄に長くなりそうですので、私なりの個人的な意見を軽く書きたいと思います。


      つまり、"夢を紙に書くと実現するのは、ウソかホントか"、ということです。
       

      category:成功術 | by:開運の達人comments(0) | -

      「今」はどこからやってくる?

      2012.05.12 Saturday 00:00
      0
        何か願い事を持っている人は、今の生活に何かが欠けていると感じている場合が多いと思います。

        中には、「願いはあるけれど、今の生活には満足している」という人もいるとは思いますが、それでも、「願い」と「今の生活」というものが関連しているのは間違いないでしょう。

        今の生活がどんなものかによって、願いの方向も変わってくるはずです。



        ところで、その「今の生活」とはどこからやってきたのでしょうか。

        私は3つの解釈があるのではないかと思います。
        category:成功術 | by:comments(1) | -

        枠をはずすと、楽になる

        2011.10.06 Thursday 00:00
        0
          このところ、時代の変化のスピードが、ますます早くなっているようです。

          個人的にそう思うだけなのでしょうか。

          昔に比べて、情報の流れるスピードが早くなったからでしょうか。



          世の中には時代の変化を歓迎する人もいる一方、困る人も居ます。

          まるでルールの変わるゲームのようかもしれません。

          変化に対応し続けることは、楽しみでしょうか、ストレスでしょうか。
          category:成功術 | by:comments(0) | -

          不安と積極性

          2010.07.16 Friday 00:00
          0
            このところ、世界経済の先行きが不透明になっています。

            アメリカのヘッジファンド業界も、一体どうしたら良いかわからず、資金の運用に消極的になっているというニュースがありました。

            先行きの不安が大きいと積極的に物事を進めることが出来ないというのは、誰しも同じなのですね。

            個人とヘッジファンドではリスクの大きさが違いますが、ごく普通の生活をしていても、積極的になれなくなることはたくさんあると思います。



            世に残る格言や名言には、積極的に生きることの大切さを説くものが頻繁に出てきます。

            積極性さえあれば、仕事も家庭も健康もうまく行くような気がします。

            でもやっぱり、過ぎたるは及ばざるが如しともいいますように、積極的になりすぎて後悔することもあるでしょう。

            また、占いの世界では、星まわりが悪い年には積極的になることは禁忌だったりします。

            とはいえ、長い目で見れば、積極的になって後悔することよりも、消極的な姿勢が原因で悩むことのほうが多い気がします。

            おそらく、「どうして何事にもいつも積極的になってしまうんだろう」と悩む人よりも、「どうして積極的になれないのか」と悩む人のほうが多いのではないでしょうか。

            (ギャンブルの世界では、積極的過ぎて悩んでいる人もいるかとは思いますが・・・。)
            続きを読む >>
            category:成功術 | by:comments(5) | -

            Calender
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << July 2018 >>
            開運護符Tシャツ
             
            着てみて!霊符Tシャツ
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM