死後の世界と裁き

2017.07.25 Tuesday 23:41
0

    前回の続きです。
    死後に何らかの裁きにあうにしても、その裁きの時は、

    1.死んですぐ

    2.死んでからしばらく時間を置いてから

    3.ずっと先

    この3パターンがあり得る(とされている)ということです。
    でも殆どの場合、生前の行いによって裁かれるわけです。


    例外は、チベット仏教ならば、死後の四九日の間に修行できてれば解脱というパターンです。これならば、生前の行いが悪くても、死後の努力次第でなんとかすることは理論上可能です。
    もしこれが真実ならば、日本の仏教のように、亡くなった人の亡骸に向かってお経を唱えるのも意味があるかもしれないといえます。


    もう一つの可能性は、前回書いたように、死後にセカンドチャンスが訪れる場合です。

    つまり、あの世にも救いがもたらされるということです。まるで芥川龍之介の『蜘蛛の糸』のような話です。
    しかし、それとて生前の行いが影響すると考えるのが道理のような気がします。もちろん、人間の道理があの世で通用するとは限りませんが・・・。

     

    死後に名誉挽回・無罪放免のチャンスがないのなら、「せめて生きている人たちにメッセージを」と思う死者もいるでしょう。
    しかし、来世から現世に重要なメッセージを伝えることは、ほぼ不可能です。
    イタコのような存在は居ますが、来世に役立つような核心的なことを伝えることはまず不可能です。
    聖書の「金持ちとラザロ」の金持ちが、死後に親族にメッセージを伝えられないのもそうです。

    実際、死後から重大なメッセージを受け取った人がこの世に居ないのも状況証拠になります(臨死体験者は死んでいないのでまた別です)。
    となると、お盆に死者の魂が帰ってくるといっても、それこそ「草葉の陰」的なところから見ている程度しかできません。でも、それで良いような気もしますね。

     

    ところで、人間は生まれ変わったところで過去生を思い出せないわけですから(退行催眠はまた別です)、前世の教訓というものはありません。つまり、前世からも来世からも学べないのです。すなわち、結局は今の目の前の人生をどう生きるかが問題だということになります。

     

    category:- | by:開運の達人 | - | -

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    開運護符Tシャツ
     
    着てみて!霊符Tシャツ
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM