霊の分類と正体

2017.08.01 Tuesday 23:48
0

     

    霊と言っても幽霊だけが霊とは限りません。
    まず霊の中でも一番大事なのは、生きている人の霊でしょう。WHO(世界保健機構)でも、「健康」の定義の中に、「霊的にも健康であること」が認められているそうです。
    ここでいう霊とは、生きている人の中にあるものを指します。つまり、広義で言う、性格とか内面と言われるものとほぼ同じです。ただ、あくまでも"広義で"ですので、厳密には違いますし、魂とも潜在意識とも違います。が、その分野の近くの存在と認識しても良いかと思います。
    肉体と精神が健康で、特に病院に行く必要がなかったとしても、霊的には満たされていないという人がいる、と考えればなんとなくお分かりいただけるのではないでしょうか。

     

    つぎに、幽霊でない霊としては、聖霊であったり、天使と言われる存在があります。聖霊と天使は全く違いますが、まずどちらも普通の人には馴染みがない(縁がない)ものです。
    さらに、神聖な場所にいるとされる霊、精霊(聖霊ではない)もあります。これらはアニミズムの対象になることが多く、はっきり言えば、山、神社、結界、パワースポットの力もこの類です。

     

    次にやっと幽霊の話になりますが、まず心霊現象と言われる現象そのものについてです。実は、これは科学的に解明可能なものが大半で、いたずら、あるいは幻覚がほとんどでしょう。
    幻覚は脳や薬物の影響がありますが、他にも、非常に低い周波数が引き起こすものがあるといいます。たとえば8Hzほどの音が大音量で流れていても耳には聞こえませんが、視覚には影響をあたえることがあるといいます。

    また、動物や人間が危険を感じた場所には、防衛本能を強める何らかの物質があるとも言います。それらが原因で、「霊感のない」人でも幽霊を見ることもあります。

     

    それとは違う、いわゆる本物の幽霊と言われるものは何でしょうか?

    基本的には、過去に死んだ人に由来するものとされます。
    しかし実は、過去に死んだ人とは関係がありません。

    と言っても、なかなか信じてはもらえないとは思います。ですが、あえて言いますと、幽霊の実体とは悪霊なのです。

    悪霊とは何なのかはさておき、死んだひとの魂でもなければ、誰かの怨念がさまよっているのでもありません。

    そう思わせているにすぎず、実際は無関係な存在です。
    だから、事故現場で幽霊が出ても、事故で亡くなった人とは関係がありません。過去の軍人の幽霊なども、本人とは無関係な存在なのです。
    一体なぜこういうものが目撃されるのか、悪霊とは何なのかについては、また次回続きに書きます。

     

    category:スピリチュアル | by:開運の達人 | - | -

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    開運護符Tシャツ
     
    着てみて!霊符Tシャツ
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM