悪霊と惑わし

2017.08.11 Friday 21:42
0

     

    「悪霊なんて居るわけがない。」

    普通の人はそう思いますが、それこそが悪霊の思う壺。でもこれは仕方のないことです。

    逆に、悪霊に気づく人というのは、大抵、「どうして私はいつもこんなに不幸なのだろう?」と考えはじめて、いくらなんでも確率的に起こり得ないのではないか?というところまで来た人です。


    ここまでいくと、悪霊の仕業を疑います。この場合、不幸でも悪霊に気づけてラッキーだったともいえます。

    幸運でありながら悪霊に憑かれている人(むしろこっちの方が多い)は、気づくきっかけがないので、そのまま蝕まれていきます。


    この不条理さ、理不尽さこそが、悪霊の存在の特徴ともいえます。
    つまり、悪霊はいつも惑わしの手法を用いているわけです。そうすれば神から人を離すことができるからです。

     

    悪霊は人に「あっちに行ったほうが良い」「いや、こっちに行ったほうが良い」と言うわけです。ですから、考えてみれば今の社会全体、情報の氾濫自体も悪霊的なわけです。


    ただ、情報がたくさんある事自体が悪いわけではありません。それを取捨選択する際に悪霊に惑わされないように心がけることが大事なのです。


    人によっては、「悪霊など信じているのは思考停止だ」と思うかもしれません。私自身、そう思っていました。

    「なんでも都合の悪いことを悪霊のせいにしてる人は、反省もしない愚か者だ」と思っていました。

     

    しかしそうではありません。「悪霊など居ない、すべての責任は自分にある」と云う考えが間違っていることもあります。

    「自分の意志」というものに疑問を持たいないことのほうが、ある意味では思考停止なのかもしれません。

     

    JUGEMテーマ:オカルト

     

    category:心霊 | by:開運の達人 | - | -

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    開運護符Tシャツ
     
    着てみて!霊符Tシャツ
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM