依存物質と自由 1

2017.09.07 Thursday 23:03
0

    JUGEMテーマ:自己啓発・自分磨き・スピリチュアル

     

    身近で強力な「3大依存」、それは「煙草」「酒」「砂糖」だという説をどこかで読みました。


    私はどれも摂取していませんが、別に自慢するつもりもありません。

    気づいたらどれもやめてしまっていました(糖質は少しは取ると思いますが)。

     

    麻薬などの依存と違って、上記の3つはどれも悪いと言えない、言いにくいものだと思います。
    たしかにタバコに関しては社会悪とされていますが、実際はニコチンにも良い作用があります。


    また、4大依存とすれば、「ギャンブル」も入るでしょう。
    これも、ストレス解消になるとも言えますので、なかなか批判しづらいところがあります。


    こうなるとやはり、これらを規制するべきではなく、市場原理次第、自然に任せるしかないのでしょう。
    無理な押し付けをすれば反発があって当然でしょう。


    ただ、これらをやめたり、自分で量をコントロールできるようにすることは、個人レベルでは大きなメリットがあります。
    なぜなら精神的な自由度が広がるからです。

     

    でも、以前の私にはそのことが理解できなかったのです。

     

    かつて喫煙者だったころ、私には「煙草を禁止する自由」というものが理解できませんでした。

    どう考えても、「吸える」ことが自由であって、禁止は不自由だと思っていました。

    何かを出来なくすることが自由であるはずがなかろうと。

     

    それに、煙草なんてやめたい時はいつでもやめられると思っていました。

    しかし実際にやめてみると、3日ほどの間ひどい頭痛に悩まされ、さらに1ヶ月近く苛立ち、不眠、体の硬さなどを感じて、非常に辛かったのです。

     

    それによって、自分がいかにコントロールされていたかを知り、吸いたいからこそ逆に吸いたくないと感じ、今に至っています。

     

    つまり、自由どころか、束縛されていたのだと気づいたのです。


    ところで、テレビのグルメ番組では毎日のようにスイーツや酒を勧めていますね。

    旅番組や街歩き番組でもそうです。

    そして社会的にも飲み会などがあります。

    街に一歩出れば、そこらじゅうに誘惑が待っています。

     

    一見するととても自由に見えますが、これも「自由」を履き違えてしまっているのだと思います。

    企業側が、個人を束縛してコントロールしようとしていると見て良いでしょう。

    しかし、長年の刷り込みが邪魔をして、そのようには見えなくなってしまっています。

     

    続く・・。

    category:コラム | by:開運の達人comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    開運護符Tシャツ
     
    着てみて!霊符Tシャツ
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM