依存物質と自由 2

2017.09.10 Sunday 21:57
0

     

    結局のところ、依存物資は人を弱くしているということがわかります。

    しかし表面的には、快楽、自由を感じさせるのです。

     

    お酒は仕事でも、宴会でも、祭り、あるいは葬式においても大事なものかもしれません。聖書にすらワインが出るのだから、酒は良いものだと思うかもしれません。

    その反面、人を蝕んでいきます。

    アルコール依存症の人の話を読んだりするとよくわかります。

     

    酒は大人の嗜みだから、良い大人なら適量をコントロールできる。そう言い聞かせるようになったら、すでに脳もコントロールされていると見たほうが良いでしょう。

     

    「そんなはずはない、酒に強いやつは心も強い。」「大酒飲みの偉人も居た」とか、言う人もいます。

    私自身もそう思っていました。

     

    依存物質を避ける人と、依存物質を摂ってもそれに溺れない人、どちらが強いのか、それはわかりません。

    しかし依存物質を取るか取らないか、どちらが良いか常に自分で判断できる状態になること自体が、自由だと思います。

     

    もし可能ならば、たとえば煙草を週に2回だけ吸うとか、酒を年に1度だけ飲むとか、ギャンブルを数年に一度だけやるとか、砂糖菓子も半年に一回だけ食べるとか、そういうコントールができるのなら、それが良いのかもしれません。

    しかし、私にはそれができないので、個人的にはきっぱりやめるのが良いと思っています。

     

    私はいまだに、酒・タバコ・砂糖・ギャンブルでも、合法な範囲で依存すること自体は批判する気はありません。

    他人がどうこうではないからです。他人の個人的なことにまで文句を言う嫌煙家などは逆に不健康だと思います。

     

    逆に、「酒も飲めないのか?」「酒もギャンブルも無しで何が楽しくて生きてるんだ?」と圧迫する人もいますが、これも非常に惨めなことだと思います。

    それは「一緒に奴隷になろう」と言っているのと変わりはありません。しかし本人はおそらく気づいていないでしょう。

     

    結局は、自分の自由と相手の自由をどちらも尊重するのが、一番いい精神状態なのではないかと考えます。


    ちなみに、酒や煙草は、古来から神聖なものと縁があります。しかし、だからこそ、不用意にそれらに溺れてはならないような気がします。

     

    category:コラム | by:開運の達人 | - | -

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    開運護符Tシャツ
     
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM