やるべきことをどんどん実行する人の感覚

2009.05.07 Thursday 00:05
0
    もしあなたに、何かやりたいことや実現したいことがあるなら、どうすれば良いでしょうか。

    当然、それに向かって行動を起こせば良いですね。

    何も行動しないでも実現するということも、たまにはあるかもしれませんが、何もしないよりは行動したほうが良いはずです。



    とはいえ、何事もすぐ実行できて、どんどん夢を実現していける人は、意外と少ないです。

    そんな人はほんの一握りかもしれません。



    人が行動できないのはなぜなのでしょうか。

    それは、「お金がないから」、「時間がないから」といった理由があるかもしれません。



    でもお金や時間に関係なく、行動できないこともあります。

    なぜそういうことがあるのでしょうか。

    それは、消極的な思考になっているからです。



    どうして人間は消極的になってしまうのでしょうか。

    大きく分ければ、「失敗したくない」か「やればできるから、今はやらない」のどちらかの気持ちが原因だと思います。



    「失敗したくない」の中には、「恥をかきたくない」、「人に嫌われたくない」、「労力を無駄にしたくない」、etc.が含まれます。

    こういうときは、ふと立ち止まって、考え直してみると良いです。

    つまり、「どのくらいの恥なのだろう?」「どのくらい人に嫌われることなのだろう?」「どのくらいの労力なのだろう?」と考えてみる。

    そうすると、意外とたいしたことがなかったりするものです。

    それに、少しも恥をかいてはいけないのでしょうか?誰にも嫌われてはいけないのでしょうか?無駄な労力に終わってしまってはいけないのでしょうか?

    そう考えてみると、自分の消極さが、それほど実体を伴っていないものであったりすることがわかります。



    もちろん、失敗することで莫大なお金がなくなるとか、膨大な時間が無駄になるとか、身の危険がある、などのときは別です。

    でもそういうときは、どれだけのリスクがあるか算定するものですね。そしてリスクをなるべく小さくする方法を考えてから、実行します。

    場合によっては、リスクの低い他の方法に変えます。

    それと同じように、心のリスクを考えてみます。



    すると、心のリスクはとても小さかったりするのです。

    他人から見ればほんとうに小さなことであったりもします。

    それに、あらかじめ勘定に入れておけば、たとえ失敗してもショックはとても小さくて済みます。

    これがわかれば、行動に移ることができます。



    もし、リスクばかりがとてつもなく大きいのなら、きっとそれは、あなたにとってそもそもやりたいことではないのではないでしょうか。

    そういうことは、実行できなくてもそれほど不満はないはずです。



    次に、「やればできるから、今はやらない」の場合ですが、この場合は、やらないこと自体がリスクになっているかもしれないことに気づくべきでしょう。

    そうすれば、どうするべきかがわかるはずです。



    物事をどんどん実行できる人は、この辺りのことを感覚的に理解しているのでしょう。







    御協力クリックよろしくお願いします。

    category:成功術 | by:comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    人間関係改善Tシャツ
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM