幽霊と悪霊

2017.08.03 Thursday 23:31
0

     

    前回の続きです。
    幽霊否定派の人が、「過去に死んだ人の霊が全部居たら、霊が多すぎて大混雑してるはずだ。」とか「動物の霊も居たらキリがない」とか、「霊がいたら警察いらない」とか言いますが、それは的外れです。そもそも、過去の人が幽霊になるわけでもないし、動物は霊になりません。
    その逆に、幽霊を見たという人が、霊能者から「それは地縛霊です」とか「動物霊です」というように分類を付けてもらって安心することが有ります。

    信じない人にとってはそもそも馬鹿馬鹿しい話ですが、分類されると理解した気がして安心するものなのです。普通の学問なども、ある意味ではそういうものです。
    私も前回は「霊」の分類をしましたが、こと"幽霊"に関しては、そのような分類をしたり、良い幽霊なのか悪い幽霊なのかを知ったところで意味はありません。なぜならそのほとんどが悪い霊、悪霊と呼ばれるものだからです。


    では悪霊は一体何の目的があって出てくるのでしょうか。

    悪霊の目的、それは彼ら自身を人間に崇拝させることなのです。(例外としては、中南米の一部の宗教のように、人間の術士が悪霊を使う場合もありますが、それも究極的には同じことです。)
    なぜ悪霊は自分を崇拝させたいのに、幽霊のふりなんかするのでしょうか。それは、祟りがあるとなれば崇拝するのが人間の習性だからです。人間の社会でも、恐怖の対象を崇拝したり、褒めたたえたり、尊敬したりする人が居るのと同じです。
    一方、人間に助言したり、同情させようとする幽霊もいますが、それらもみな目的は同じです。

     

    悪霊の目的が、自らを崇拝させることにあるということを知れば、それに合致しない「幽霊」はニセモノであることがわかります。ですから、全く恐れる必要がなくなります。
    ベランダに人影が見えたとか、ベッドの下に顔が見えたとか、そういうものは悪霊ではありえませんので、幽霊でもありません。そんな微妙な怖がらせ方をしたところで、崇拝する人がいるわけがありません。たとえば、ベランダやベッドの付近を礼拝するようになる人がいるでしょうか。
    そう考えてみると、話題になってる心霊写真や心霊ビデオ、有名な心霊スポットなどは、全く的外れなものばかりです。暗くて人が居ない場所や海などに幽霊が出るとされるのは、単に死の恐怖に由来しているだけといえます。

     

    JUGEMテーマ:オカルト

    category:心霊 | by:開運の達人 | - | -

    霊の分類と正体

    2017.08.01 Tuesday 23:48
    0

       

      霊と言っても幽霊だけが霊とは限りません。
      まず霊の中でも一番大事なのは、生きている人の霊でしょう。WHO(世界保健機構)でも、「健康」の定義の中に、「霊的にも健康であること」が認められているそうです。
      ここでいう霊とは、生きている人の中にあるものを指します。つまり、広義で言う、性格とか内面と言われるものとほぼ同じです。ただ、あくまでも"広義で"ですので、厳密には違いますし、魂とも潜在意識とも違います。が、その分野の近くの存在と認識しても良いかと思います。
      肉体と精神が健康で、特に病院に行く必要がなかったとしても、霊的には満たされていないという人がいる、と考えればなんとなくお分かりいただけるのではないでしょうか。

       

      つぎに、幽霊でない霊としては、聖霊であったり、天使と言われる存在があります。聖霊と天使は全く違いますが、まずどちらも普通の人には馴染みがない(縁がない)ものです。
      さらに、神聖な場所にいるとされる霊、精霊(聖霊ではない)もあります。これらはアニミズムの対象になることが多く、はっきり言えば、山、神社、結界、パワースポットの力もこの類です。

       

      次にやっと幽霊の話になりますが、まず心霊現象と言われる現象そのものについてです。実は、これは科学的に解明可能なものが大半で、いたずら、あるいは幻覚がほとんどでしょう。
      幻覚は脳や薬物の影響がありますが、他にも、非常に低い周波数が引き起こすものがあるといいます。たとえば8Hzほどの音が大音量で流れていても耳には聞こえませんが、視覚には影響をあたえることがあるといいます。

      また、動物や人間が危険を感じた場所には、防衛本能を強める何らかの物質があるとも言います。それらが原因で、「霊感のない」人でも幽霊を見ることもあります。

       

      それとは違う、いわゆる本物の幽霊と言われるものは何でしょうか?

      基本的には、過去に死んだ人に由来するものとされます。
      しかし実は、過去に死んだ人とは関係がありません。

      と言っても、なかなか信じてはもらえないとは思います。ですが、あえて言いますと、幽霊の実体とは悪霊なのです。

      悪霊とは何なのかはさておき、死んだひとの魂でもなければ、誰かの怨念がさまよっているのでもありません。

      そう思わせているにすぎず、実際は無関係な存在です。
      だから、事故現場で幽霊が出ても、事故で亡くなった人とは関係がありません。過去の軍人の幽霊なども、本人とは無関係な存在なのです。
      一体なぜこういうものが目撃されるのか、悪霊とは何なのかについては、また次回続きに書きます。

       

      category:スピリチュアル | by:開運の達人 | - | -

      霊は存在するのか

      2017.07.31 Monday 22:08
      0

         

        霊というものは、本当に居るのでしょうか。
        信じる信じないは別として、日本には一般的に受け入れられている霊(幽霊)の概念と言うものがあると思います。
        たとえば、守護霊だとか背後霊。あるいはまた、先祖供養しないと子孫が不幸になるとか。はたまた、恨みを持って死んだ人の霊が出るとか、地縛霊になるのだとか。


        しかしながら、これらをそのまま肯定するのも、あるいは全否定するのも、どちらもちょっとおかしいことだと思います。
        上記のような霊の概念は、もちろん地方によっても違うとは思いますが、物語やテレビ番組からの影響が大きいと思います。

        昔の映画の影響で、UFOが円盤型ばかり目撃されるようになったり、宇宙人がみな「グレイ型」になってしまったのと同じではないでしょうか。


        こうした、すでに出来上がった霊の概念が存在する以上、それに沿った話をすると相手に伝わりやすくなります。
        それまで単に曖昧であったり不気味であったりしたものが、一定の納得できる論理の中に落とし込めるのです。
        すると、宗教者や霊能力者たちは、自分が人々に受け入れられたいがために、余計にこの手の話をするようになり、それがまた広まってしまいます。


        ここまであえて客観的に書きましたが、私は霊を否定しません。

        では、霊(特に幽霊)とはなんなのでしょうか。
        まず霊とは、多くの場合、理知的に納得できる形では存在していません。
        たとえば、メディアに描かれる怨霊のように、何かの恨みを晴らすだとか供養することで消えるような、「AならばB」という論理の内側に居ないのです。
        なぜなら、悪い霊とは、混沌、混乱、惑わしの側の存在だからです。

        「こういうものだ」と言いきれないからこそ怖いのかもしれません。
        しかし、霊を知っていれば、怪談話も心霊写真も怖くないし、怨霊などを気にする必要もなくなります。
        次回また詳しく書きたいと思います。

         

         

        category:スピリチュアル | by:開運の達人 | - | -

        Calender
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>
        開運護符Tシャツ
         
        着てみて!霊符Tシャツ
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM